お知らせ
[本文はここから]

僧侶募集

金剛三昧院では僧侶になりたい人を応援します。

僧侶というものが職業として存在していること、また募集をしていることに驚かれる方もいるでしょう。
昔は妻帯できず世襲という形ではなかった職業ですが、今はほとんどのお寺が世襲制となっており、代々寺を守っております。

しかし地方寺院では後継者不足の問題が絶えず、廃寺となったりする寺も増えております。

総本山でもそういった後継者問題には取り組んでおりますが、それだけで不足を補えるものではなく、在家(一般の家庭)でも僧侶を育成することが急務となっております。
当院ではそういった僧侶になりたい方を援助し育成し、将来は後継がいない寺院に紹介することを考えております。

ほかの仕事と比べるわけではないですが、やはり僧侶になるには険しい修行が待っております。
生半可な気持ちで来たものもおりましたが、中途にして挫折していきました。
それを乗り越えて僧侶となったものもおり、その姿を見ていると我々のように昔から僧侶になるべくして育ったものよりも、僧侶らしい姿勢や振る舞いを見せてくれます。

もともと寺というものは地域の学校であり病院であり、区役所であり遊び場でした。
街の中心にある寺は、人々にとってなくてはならない場所でした。

今の生活で僧侶と触れ合うのは、法事やお葬式の時ぐらいでしょう。
まだ地方に行けば、お年寄りや子供たちが境内を掃除したり遊んでいる姿を見られます。

地方の寺では布教をする方、加持祈祷を行う方、書を教える方、人が集まるイベントを行う方…僧侶になり住職になれば、地方に住む方の笑顔を取り戻せることができるのです。

・東日本大震災で被災された方を見て、何か自分に出来ることはないか、何も出来ないのなら被災された方の話を聞いてあげることでも…なんて考えている方
・今自分がやっている仕事に生きがいを感じない方
・僧侶になりたいがなり方が分からない方
・弘法大師空海の教義を僧侶として体得したい方

そういった方の為に、僧侶になる手助けをします。


基本事項

・男性(女性でも検討致します)
・16歳~35歳(以上の方も検討致します)
・寺で住み込みが出来る方
 (住み込む方は家賃、光熱費、食費など免除します)
・家族がいるものは住み込みではなく、高野町や近隣に住むのも可
・僧侶になるまでの給料は10万円~
 僧侶の修行が終わったのち、社会人並みの給料になります

その他、まずはメール
info@kongosanmaiin.or.jp
その後、面接にて詳細をお伝えします。

金剛三昧院  副住職宛て

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.