四所明神社
[本文はここから]

四所明神社(重要文化財)

高野山の守り神である丹生(にう)明神、高野明神、気比(けひ)明神、丹生御息の4柱を祭っています。

  • 一宮 丹生明神…胎蔵界の大日如来を祭っている
  • 二宮 高野明神…金剛界の大日如来を祭っている
  • 三宮 気比明神…千手観音を祭っている
  • 四宮 丹生御息…文殊菩薩を祭っている

本宮内の画は高野山上の奥の院と麓の天野社の神仏を習合した、垂迹(すいじゃく・仏様が仮の姿をして現れること)思想のもとに描かれており、 四ヶ所の明神様をお祭りしているので、四所明神と言われています。
当院のものは室町時代末期の天文二十一(1552)年に建立されたものです。

天満大自在天神社(重要文化財)

北野天満宮などと同じで、菅原道真公を祭っている神社の別称です。天正十五(1578)年十月、豊臣秀吉が同社で北野大茶湯を催したのを機に始まった、天神信仰の広まりとともに全国的に分祀社が生まれましたが、この社もその頃に建立されたもので、四所明神社の隣に建立されています。
また、四所明神社と同時期の建立といわれています。

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.